ハローワークで調剤薬局の求人を探す

ハローワークで調剤薬局の求人を探す

調剤薬局 ハローワーク

薬剤師の資格があり、より良い環境や待遇を求めて転職をするのであれば、まずは求人で次の職場探しをしましょう。

薬剤師が転職先調剤薬局と希望しているのであれば、ハローワークで探すのも良いでしょう。

地元の調剤薬局を探すのであれば、意外に求人が出されているものです。

ただ、なかなか行けないのであれば、インターネットを利用しましょう。

今は、インターネットでもハローワークの求人が公開されています。

パソコンでもスマートフォンでも確認ができます。

良い物があれば、あらかじめ家で募集している調剤薬局のコードを控えておきましょう。

いくつか控えて置くことで、ハローワークのパソコンで探さずにすみ、直に相談窓口へ持ち込みができます。

そして、面接を取り次いでくれますので、時間も短縮できます。

パソコン待ちだけでも、時間がかかります。

だからこそ、家でパソコンで調べて事前に準備しておくと、スムーズに面接のとりなしをしてもらえるのです。

薬剤師の求人募集にふさわしい服装

薬剤師の面接は、当たり前ですが、薬剤師資格を保有していることを前提に実施されます。

つまり、面接を受ける側は同じ資格者なので、第一印象が非常に重要です。即ち、調剤薬局・病院・ドラッグストア等の求人募集をしている側は「処方箋等の依頼に来るお客様や患者等の接客を前提にして、清潔感のある服装等の身だしなみを含めた社会常識があるか否か」を見極めようとしているのです。

言い換えれば、求人募集をしている調剤薬局・病院・ドラッグストア等は、薬剤師の資格を保有していることを条件として、処方箋等の依頼に来るお客様や患者等から好かれるような人物を優先的に採用する傾向が極めて強いのです。

即ち、求人募集をしている側は、清潔感のある身だしなみ・言葉づかい・雰囲気・笑顔・接客態度等を重視しています。

従って、薬剤師の面接においては、黒・紺・グレー等のスーツを着用し、靴もスタンダードなものにして、清潔感のある常識的な服装がベストです。

調剤薬局 アルバイト

薬局には大きく分けて二つの種類があります。

医薬品だけでなく日用品や食品等も扱っているのがドラッグストアで、医師の処方箋をもとに薬を調剤するのが調剤薬局です。

つまり調剤薬局で働くためには、薬剤師の資格を持っていることが条件になるでしょう。

調剤薬局で働きたい方は、医療系の求人情報を利用しながら自分が希望する条件に合った職場を探すことになります。

薬剤師の資格をお持ちの方でも正社員ではなく、パートやアルバイトとして勤務したい方もいますね。

特に子育て中の女性は、正社員として働くには時間的に難しいものがあるでしょう。求人情報誌やインターネットのサイトからパートやアルバイトを募集している調剤薬局を探してみましょう。

薬剤師の資格を活かせる職場がきっと見つかるでしょう。

一般的なアルバイトと比べても時給が高く、これまでの経験と知識が活かせます。

サイトから検索する時は初めにエリアを設定し、続いて雇用形態を選択しましょう。

調剤薬局 アルバイト

無資格でできる調剤薬局のパートと時給

調剤薬局では主に薬剤師が医師が発行する処方箋の基づき調剤を行います。

受付は調剤事務と呼ばれ、処方箋からレセプトと呼ばれる調剤報酬を作成します。

同時に薬袋や薬情等を作成します。調剤事務と呼ぶ資格をよく聞くことがありますが必須の資格ではなく無資格でも勤務は可能です。

今ほどパソコンが普及していない時、レセプト作成は手書きのものが多く調剤の計算方法、加算の種類様々な情報が必要だったため知識がないとすぐにレセプト作成することは不可能でした。

しかし現在はパソコンが普及したため処方箋をそのまま読み取りパソコンの操作さえわかれば比較的簡単にレセプト作成は可能であるため無資格でも業務可能です。

調剤薬局の人員は、薬剤師と調剤事務で回してます。

女性の多い職場なので半数以上がパートであることが多いです。

調剤事務は一般の職種と同じで時給は800円から1000円くらいが一般的です。

また業務はパソコン入力が大半ですが、薬剤師業務であるピッキングと呼ばれる処方箋を見て薬を棚からピックアップする業務を手伝うこともあり資格は必要ではないが、勤務しながら薬の知識も身に着けられることが多いのが特徴です。

調剤薬局 薬剤師求人

薬剤師不足の今、薬剤師転職は非常に有利な条件での転職が実現しています。

このサイトは、人気の調剤薬局の薬剤師求人サイトを比較しました。

また、賢い薬剤師さんが実践している、給料アップ、土日休みなどの転職テクニックも合わせて紹介します。

賢い薬剤師さん実践!!

 転職の成功のポイントは、コンサルタントとの相性が一番!
 よって、求人サイトへの登録は1つでも多くのサイトに登録し、
 専任のコンサルタントとの実力を吟味したいところです。
 調剤薬局との給料・休み・又その他福利厚生面など交渉力を
 確認したいことです。

年収1000万円転職

薬剤師は資格を取得するだけでもそれなりのお給料をもらう事は可能です。

しかし、年収1000万円となりますとやはり一味違う所で働く必要が出てくるでしょう。

ですので、年収1000万円を目指すのでしたら転職をすることが必要となってきます。

製薬会社

どういった所に転職するのが望ましいのでしょうか。一つが製薬会社になります。

製薬会社で薬剤師をやっていれば40代ほどで年収1000万円代を超えるのはたやすく簡単であるようです。ですので、薬剤師の転職先としては製薬会社は一つの大きな選択肢となるはずです。

ドラッグストア

また、ドラッグストアも意外と年収1000万円代を目指せる転職先であるようです。

店長に任命されれば年収は600万円から700万円程得ることが可能となっており、さらに課長クラスに昇進出来れば年収1000万円程度は貰えるとのことです。

折角薬剤師になったのですから、成るべくその後も高給与な職業につきたいところですよね。

特に制約会社やドラッグストアなどは薬剤師の転職先としては非常に最適ではないでしょうか。しかし、転職先はしっかりと選ばないと果たして年収1000万円まで行けるかどうか怪しいです。
東京で出ている調剤薬局の薬剤師求人

東京で出ている調剤薬局の薬剤師求人の時給

東京では近郊に薬学部が多く薬剤師の絶対数が多いので、他県に比べ求人の時給が低く2000円程度で、郊外に離れると時給が少し高くなっています。

処方箋

薬剤師の主な業務は、医師に発行された処方箋に基づき患者様にお薬をお渡しする仕事です。

調剤を行うに当たってまず病態病歴を確認し、処方内容の薬の量が間違っていないか確認してから始めます。患者様の症状と処方内容が異なる場合は医師に再度確認してから投薬を行います。

栄養指導

薬剤師は患者様から情報を引き出し、食生活から食事・栄養指導を行ったり、飲み忘れ防止のために一包化を提案し、飲み方を間違えのないように説明を行うのが重要な役割です。

レセプト

調剤事務は毎月調剤報酬と呼ばれるレセプトを作成し、患者様のお薬の飲み方をサポートできるように薬袋薬情を作成します。

調剤薬局では、薬剤師と調剤事務が連携し業務をこなしてます。調剤事務の募集も盛んですが800円-1000円で他業種と変わりありません。

しかし調剤事務は調剤薬局での業務を円滑に回す重要な役目もあり、薬の知識も得られるのでやりがいはあります。

▲ページトップに戻る