調剤薬局求人募集:調剤薬局の転職体験談・口コミ情報

調剤薬局求人募集:調剤薬局の転職体験談・口コミ情報

調剤薬局 薬剤師求人

本サイトは、薬剤師求人の中でも特に人気の調剤薬局の求人募集サイトを紹介します。
初めての転職する人、また、転職経験のある人にも、少しでも有利な転職を成功させるために、賢い薬剤師さんが実践している転職テクニックを紹介します。

薬局と病院もしくはクリニックの定義の違い

  • 管理薬剤師が常駐している事。
  • 設備の整った調剤室にて調剤を行える事。
  • 処方箋に基づいた調剤が行える事

以上3点の条件を満たし、都道府県もしくは市の保険福祉局より認可を受けた店舗、あるいは事業所が薬局となることができます。

では、病院もしくはクリニック等はどうなのでしょう。

これらは厳密には薬局ではありません。

なぜなら院内処方は認可を必要としない調剤所という扱いのためだからです。

医薬分業と盛んに言われていますが、院内処方はまだまだ多い状況です。

またよく耳にする調剤薬局という名前は通称であり、調剤を行う薬局として分かりやすく呼ばれているだけで法律的にはこの名称はないのです。

正確には健康保険を使った調剤と処方を行えるのが保険薬局であり、大衆薬の販売と調剤のみを行うのが調剤薬局となりますが、実際には指定を受けた上で、調剤薬局であり保険薬局でもあることがほとんどです。

調剤薬局の仕事

調剤薬局薬剤師の仕事とは?

調剤薬局薬剤師の仕事内容は、大きく3つが上げられます。

  • 調剤業務
  • 服薬指導
  • 服薬歴と副作用の情報管理

1つは調剤業務です。
医師の処方箋指示に沿って調剤を行います。
仮に処方箋内容に疑問がある場合は医師への照会も行います。

次に、服薬指導です。
処方された薬の服薬時の注意点や副作用の説明のみならず、第1種医薬品も含めた大衆薬等の説明も行う必要があります。
また単に説明だけではなく、常用している薬があれば、言わば飲み合わに問題がないかも確認します。

最後に患者一人一人の服薬歴と副作用の情報の管理を行います。

調剤薬局転職

調剤薬局は忙しい?

メインの業務内容は同じでも 、門前薬局と調剤薬局では、業務の多忙さが違います。

やはり門前薬局では、処理を行う科目数と処方箋枚数が多いためです。

当然ながら扱う調剤数が多いほど薬剤の知識は欠かせませんし、日頃の勉強がとかく重要です。

研修等も積極的に実施していますし、自身のスキルアップにはうってつけの環境でしょう。

一方で小規模の薬局の方が楽で良いというわけではありません。

高齢化社会に伴い、門前薬局と、町のかかりつけ薬局の立ち位置が変わろうとしているためです。

病状が落ち着いて総合病院等から、かかりつけ薬局に流れてくる人が増えるためです。
かかりつけ薬局に求められるのは、地域の住まう方々の密なコミュニケーションと医師と連携した病状と薬歴の把握です。観察眼と一人一人の患者の特性を理解する事が求められます。

薬剤師給料比較

病院での薬剤師は300万~400万が年収平均であり、一方で町の薬局は400万~600万程度となっています。

単純に給与だけで考えれば町の調剤薬局が高い状況です。

但しこれは平均的なものであり、経験年数や役職にもよっても違います。

この差だけを見ると、調剤薬局の薬剤師のメリットは収入が高いという事です。

病院での薬剤師は忙しいし年収も低い。おまけに募集人数も少ないため、なろうにもなれないと思われる方もいるかもしれませんが、病院薬剤師のメリットは最新の医療に常に触れられる事です。

日進月歩の医療の世界において、この流れに如何に早く乗るかはその後のスキルにも影響するため軽視できないものでもあります。

管理薬剤師求人

管理薬剤師になるためには

薬剤師を取得した以上、管理薬剤師を目指すことは一つの目標ではないでしょうか。

では具体的にどのようにすれば管理薬剤師になれるのかというと、最低でも実務経験3年以上が求められます。

その上で従業員の管理、言わば一般的な管理業務のスキルが求められるのです。

薬剤師としてのスキル経験は勿論、コミュニケーションスキルや高い人間性も同時に求められるのです。

キャリアアップのためにも薬剤師になられた方は管理薬剤師を目指してみては如何でしょうか。

有利な転職を実現する!希望条件を勝ち取る!
そのための大きなポイントは、専任のコンサルタントの力量です。
情報収集能力、調剤薬局・病院との交渉、そして、あなたとの相性。
そこで、賢い薬剤師が実践している求人サイトの活用法は、1つのサイトに絞らず、3,4サイトに登録しコンサルタントとの相性を吟味するのです。
薬剤師求人・転職サイトランキング
薬剤師求人募集サイト no.2
ファルマスタッフファルマスタッフ
薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ
ファルマスタッフ求人
薬剤師求人募集サイト no.2
リクナビ薬剤師リクナビ薬剤師
リクルートが運営する薬剤師専用求人サイト:リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師 求人

薬剤師求人募集サイト no.2
薬剤師転職ドットコム
薬剤師転職ドットコム
非公開プレミアム求人を是非チェック!
薬剤師転職ドットコム
薬剤師求人募集サイト no.3ジョブデポ薬剤師ジョブデポ薬剤師
【高額お祝い金が評判】
転職完結で最大40万円のお祝い金プレゼント!
国内トップクラスの求職案件も人気。

ジョブデポ薬剤師 パート求人

薬剤師求人トピックス

薬剤師のキャリアアップ

薬剤師は、それだけでも十分なお給料をもらう事の出来る職業ですが、その後も昇給をするのであればどうすればいいのでしょうか。

薬剤師で昇給を目指すのでしたら、やはりキャリアアップを図るのが重要でしょう。薬剤師でもっ転職をすることでキャリアアップを図りそしてさらなるお給料をもらう事ができるようになっています。

キャリアアップの一つの方法が転職ですが、資格を取ることでもキャリアアップを図ることはできます。

どういった資格を取得すると良いのでしょうか。まず1つが薬剤師のワンランク上の資格である認定薬剤師を目指してみてはいかがでしょうか。

認定薬剤師を持っているだけで、それまでの薬剤師としての待遇とはまたワンランク上の待遇を得ることができるようになるのです。

その帆j化にも、特定領域の認定薬剤師などの資格もあるようで薬剤師関連だけでもかなりの資格があるようです。

また、転職の場合はやはり専門性の高い職業への転職が昇給とキャリアアップには必要となってくるでしょう。

このように、薬剤師でも関係する資格を有することでキャリアアップを図ることができます。

▲ページトップに戻る